小学生に教える科目


生徒が小学生の場合、家庭教師が教える科目は「国語・算数・理科・社会」の4科目です。 さらに、「英語」が加わる場合もあります。すべての教科を教える場合と、その生徒の不得意な教科だけを教える場合があります。 すべての教科を頼まれた場合は、勉強嫌いな子供の可能性が高くなりますから、覚悟した方がいいかもしれません。


しかし、小学生の場合は勉強内容自体は難しくありませんから、生徒と仲良くなることの方が大切です。 生徒に嫌われてしまうと勉強を教えるのが難しくなりますから、一緒にゲームをしたり、遊んだりといった授業以外で親しくなる必要があります。 小学生を教える場合の家庭教師の適性は、「子供が好きであること」です。 子供に勉強を教えていてイライラしてしまうタイプの人は、小学生を教えるのに向かないかもしれません。


勉強嫌いな子供の中には、机に向かってじっと座っていられないみたいな子供もいますから、勉強は苦しいものではなく楽しいものと、興味を持ってもらうところからはじめてください。 理科の実験などは、比較的子供が学びやすい勉強方法かもしれません。子供は好奇心が旺盛ですから、液体の色が変わったり、煙が出たりという物理的な現象に興味を示してくれるでしょう。 教える生徒の心をつかむことで、勉強を教えるのがぐっとラクになる場合があります。


MAIN MENU

SUB MENU