中学生に教える科目


家庭教師の需要が最も多いのが、中学生です。 その後の人生を左右するとも言える高校受験を控えているからです。中学生に家庭教師が教える科目は、「国語・数学・理科・社会・英語」の5科目です。 この中で、「数学」と「英語」を苦手科目とする子供は少なくありません。 数学と英語は積み重ねが必要な学問であり、理科や社会に比べて一夜漬けがききません。 丸暗記ができない科目なので、家庭教師は丁寧に教える必要があります。


しかし、数学と英語は理解できるようになってくると、成績が上がりやすい科目でもあります。生徒がどこがわからないのかがわかれば、そこから教えるのがラクになることもあるでしょう。 国語は、中学生になると「古文」の授業があります。古文は英語と同じで、言葉の意味を覚えないと何を言っているかがわからなくなります。 家庭教師の募集には「国語」とありますが、古文を教えてほしい生徒が増えます。


古文は、古典の内容に興味を持たせることができれば、楽しく学んでもらえるかもしれません。 理科は暗記が可能な科目ですが、数学のような計算も必要です。中学の社会は「地理」と「歴史」と「公民」に分かれます。 社会は完全な暗記科目なので、成績を上げやすい科目となります。"


MAIN MENU

SUB MENU